Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sumitavc.blog.fc2.com/tb.php/145-b5737ee8

トラックバック

コメント

[C179] ありがとうございました

貴重な体験をさせて頂き、
本当に、有難う御座居ました!

[C180] お世話になりました

ボランティアの滞在拠点だけでなく、住田町の方々との交流。滞在者の方々に教わり刺激され勉強させて頂きました。
ありがとうございました。

[C181] ありがとう、住田町民、地域の皆様、住田町基地

住田町基地もようやくその役目を終え、本来の姿である『静かな山間地域の憩いの場「地区公民館」に戻ること』になるのですね。何度となく延長をして頂き「我々ボランティア戦士の休息の場」としての役目をしてくれた住田町基地。感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

住田町基地がなくなってしまう事は大変さみしくもあり残念ではございますが、これが本来の「復興作業の進捗状況、被災者の自立、ボランティア領域範囲の作業の完了」の意味合いから良い意味で「被災地復興がある程度見えてきた証」にあろうかと思います。

住田町基地はきっと永久に永遠に皆さんの心の中では存在し続けると思います。これからは「遊びに行く」と言って岩手・住田・気仙地区出かけられたらと思います。

本当に今までお疲れ様でした。

ありがとう大股地区の皆様、

ありがとう大股地区公民館、

ありがとう住田町基地。
  • 2012-08-27 10:42
  • 私の彼は「住田向き」
  • URL
  • 編集

[C182] ありがとうございました。

昨年11月に陸前高田市の横田町コミュニティセンターへボランティアへ出かけた際、宿泊をさせていただきました。ありがとうございました。
長期にわたる運営ほんとうにご苦労様でした。
  • 2012-08-27 13:38
  • ボーイスカウト富山県連盟
  • URL
  • 編集

[C184]

住田町の関係者各位
本当にありがとうございました。

気仙地区の復興・支援活動には、必要不可欠でした。
陸前高田も市内に施設を設け、バックアップしているようですので、良いタイミングでの勇断だと思います。
しかし、近隣地区としては、まだまだいろいろな事があると存じます。
くれぐれも無理をせず、助けが欲しい時は「助けて」と言って下さい。

基地設立及び運営の方々
お世話になりました。

私は、まだまだ岩手に参ります。今週末、来週末とニーズに対応しに来ます。

ボランティア各位
いろいろありがとうございました。

いろんな事を教わりました。
またどこかで、あってはならない災害があった際は、お会いする事でしょう。その時は、また協力して対応しましょう。
  • 2012-08-28 16:41
  • 大野
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【重要】基地閉所のお知らせ

ボランティアの皆様へ

住田町基地は平成24年9月30日をもって閉じることといたしますので、お知らせいたします。

住田町基地は、昨年4月、津波による被害で多くの宿泊施設がなくなり、被災地の復旧・復興の支援に全国から来られるボランティアの方々が安心して休める場所を提供するため、住田町と地域の皆様、そして全国のボランティアの方々のご協力によって開所いたしました。
これまで2万人を超える方々が基地を利用し、陸前高田市や大船渡市の気仙2市1町を中心に復興支援を行っていただきました。

現在も多くのボランティアが活動しておりますが、市内の旅館等も再開し、先月からは陸前高田市が旧矢作小学校をボランティアが無料で宿泊できるようにしておりますので、この度、住田町基地は宿泊拠点としての役割を終えることといたします。

ボランティアの皆様には被災地の支援だけではなく、地域の行事への協力や冬には雪かきなどの手伝いなど住田町や大股地区の方々とも交流を深めながら数多くの想い出を残していただきました。本当にありがとうございました。

一抹の寂しさもありますが、被災地の復興は、まだこれからです。
今後とも復興支援にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


平成24年8月25日
                             住田町基地

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sumitavc.blog.fc2.com/tb.php/145-b5737ee8

トラックバック

コメント

[C179] ありがとうございました

貴重な体験をさせて頂き、
本当に、有難う御座居ました!

[C180] お世話になりました

ボランティアの滞在拠点だけでなく、住田町の方々との交流。滞在者の方々に教わり刺激され勉強させて頂きました。
ありがとうございました。

[C181] ありがとう、住田町民、地域の皆様、住田町基地

住田町基地もようやくその役目を終え、本来の姿である『静かな山間地域の憩いの場「地区公民館」に戻ること』になるのですね。何度となく延長をして頂き「我々ボランティア戦士の休息の場」としての役目をしてくれた住田町基地。感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

住田町基地がなくなってしまう事は大変さみしくもあり残念ではございますが、これが本来の「復興作業の進捗状況、被災者の自立、ボランティア領域範囲の作業の完了」の意味合いから良い意味で「被災地復興がある程度見えてきた証」にあろうかと思います。

住田町基地はきっと永久に永遠に皆さんの心の中では存在し続けると思います。これからは「遊びに行く」と言って岩手・住田・気仙地区出かけられたらと思います。

本当に今までお疲れ様でした。

ありがとう大股地区の皆様、

ありがとう大股地区公民館、

ありがとう住田町基地。
  • 2012-08-27 10:42
  • 私の彼は「住田向き」
  • URL
  • 編集

[C182] ありがとうございました。

昨年11月に陸前高田市の横田町コミュニティセンターへボランティアへ出かけた際、宿泊をさせていただきました。ありがとうございました。
長期にわたる運営ほんとうにご苦労様でした。
  • 2012-08-27 13:38
  • ボーイスカウト富山県連盟
  • URL
  • 編集

[C184]

住田町の関係者各位
本当にありがとうございました。

気仙地区の復興・支援活動には、必要不可欠でした。
陸前高田も市内に施設を設け、バックアップしているようですので、良いタイミングでの勇断だと思います。
しかし、近隣地区としては、まだまだいろいろな事があると存じます。
くれぐれも無理をせず、助けが欲しい時は「助けて」と言って下さい。

基地設立及び運営の方々
お世話になりました。

私は、まだまだ岩手に参ります。今週末、来週末とニーズに対応しに来ます。

ボランティア各位
いろいろありがとうございました。

いろんな事を教わりました。
またどこかで、あってはならない災害があった際は、お会いする事でしょう。その時は、また協力して対応しましょう。
  • 2012-08-28 16:41
  • 大野
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

住田町基地

Author:住田町基地
災害ボランティアセンター 住田町基地です!陸前高田市や大船渡市へボランティアに行かれる方の宿泊を支援するため、住田町のみなさんのご好意で宿泊施設を開放しています!
自己完結のボランティア精神の元に当施設をご利用いただき、被災地復興へのご支援をお願いします!
大きな地図で見る

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。